入会方法

1.入会申請書提出

入会申請書に必要事項を記入し、PAAC事務局まで提出してください。なお医療免許をお持ちの方はその時に免許証の写しもあわせて提出していただきます。

2.入会面接審査

PAACには北海道から九州まで6つの支部があります。入会されると自動的に支部の所属になりますので、入会審査はそれぞれの支部長と面接していただきます。 面接時に支部入会申請書などに記名、捺印していただきますので必ず印鑑をお持ちになってください。

3.会費納入

入会金  50,000円(会員証交付) ※PAAC会員の紹介があれば入会金30,000円
月会費    5,000円(賠償保険料込み)
月会費の納入は保険の関係で〆月は5月と11月になっております。
入会月により〆月までを前納していただきます。自動引き落としもできます。

PAAC準会員制度

 国家資格を有しない場合PAACでは準会員になりますが会員昇格試験を受験することによって正会員に昇格することができます。

 会員昇格試験は医業類似行為の国家試験に準じたPAAC独自の試験で合格されますと、協会内において国家資格を有している場合と同等に考えています。

 この試験は一般でいう大学検定試験と同様に自主的に学習して受験していただきます。 科目は解剖学、生理学、病理学、臨床学、公衆衛生学、関係法規(国家試験と同じく四択)と面接です。

 テキストには必修資料があり国家試験を受験できる学校と同等のテキストで学習していただきます。

 受験資格は、必修資料を購入後から受験できます。

 試験に合格することにより無免許者の基礎医学履修を協会が認定します。

 正会員になることによりPAAC公認の認定カイロプラクター試験やSOT認定資格者試験の受験資格ができます。

 又、認定カイロプラクター試験に合格することにより賠償保険額が1億円になります。会員昇格試験は5年目まで受験の機会がありますが、もし受からない場合は準会員制度のとおり更新の手続きをとって頂きます。

お問合せ
  • SOTO-JAPAN
  • ユニバーサルカイロプラクティックカレッジ

PAGE TOP