入会案内

 PAACは日本のカイロプラクティック界としていち早く教育に着眼し、国内、国際セミナーを開催してきました。
その内容は各種多様なテクニックを網羅し本場アメリカの教育内容と同一に、オリジナルな内容をストレートに教育していくのがPAACの使命でありセミナー内容、種類、回数全てにおいて日本で一番の水準を持っています。
また、会員の確かな安心の賠償制度があります。万一、患者さんから損害賠償の請求を受けた場合、これに対し支払いを補償する制度で、そのなかには弁護士費用も含まれます。この賠償保険はPAAC入会と同時に加入(会費に含まれています)になります。
私たちカイロプラクターが安心して治療に専念でき、社会的名誉と信用を図るためにも必要な制度です。
PAACのカイロプラクティック賠償額は、正会員、準会員5千万円、認定カイロプラクター1億円の補償です。
 国家資格を有しない場合PAACでは準会員になりますが会員昇格試験を受験することによって正会員に昇格することができます。
 会員昇格試験は医業類似行為の国家試験に準じたPAAC独自の試験で合格されますと、協会内において国家資格を有している場合と同等に考えています。
 この試験は一般でいう大学検定試験と同様に自主的に学習して受験していただきます。
 科目は解剖学、生理学、病理学、臨床学、公衆衛生学、関係法規(国家試験と同じく四択)と面接です。
 テキストには必修資料があり国家試験を受験できる学校と同等のテキストで学習していただきます。
 受験資格は、必修資料を購入後から受験できます。
 試験に合格することにより無免許者の基礎医学履修を協会が認定します。
 正会員になることによりPAAC公認の認定カイロプラクター試験やSOT認定資格者試験の受験資格ができます。
 又、認定カイロプラクター試験に合格することにより賠償保険額が1億円になります。会員昇格試験は5年目まで受験の機会がありますが、もし受からない場合は準会員制度のとおり更新の手続きをとって頂きます。

入会の勧め


カイロプラクティックのDrD.D.パーマーの意志を受け継ぐ

日本のカイロプラクティック界の正統な「パシフィック・アジア・カイロプラクティック協会」とともにカイロプラクティックの発展と普及、そして国民の健康への貢献に邁進しょうではありませんか。医師、歯科医師、看護師、鍼師、灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師等の免許を持っている先生方、医療免許をお持ちでなくてこれからカイロプラクターを目指している方、医療免許を取得学校やカイロプラクティックの学校に通われている生徒さん等、すべての教育課程のニーズに答えられる責任を持った教育プログラムがあり、一人でも多くの仲間と一緒に日本のカイロプラクティックの確立を目指しています。
PAACはカイロプラクティックを誇りとする全ての人に門戸を開き、ともに学んでいく団体です。

皆様のご入会を心からお待ちしております。

お問合せ
  • SOTO-JAPAN
  • ユニバーサルカイロプラクティックカレッジ

PAGE TOP